アイピル ジェネクリ通販

アフターピル(アイピル)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

最安値を販売ページでチェック
 


アイピルについて正しく知ろう!

アイピルとは、世界で広く使用されている緊急避妊薬の1つで、アフターピルという名称で耳にすることがあるでしょう。
日本で承認されているアフターピル・ノルレボのジェネリック医薬品になります。
ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことです。
新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分・品質・効き目・安全性が同等であると国から認められた薬です。
そのため、開発費が抑えられるので新薬より低価格で手に入る薬になっています。
有効成分が排卵を抑制したり、受精卵着床を邪魔するメカニズムになっており、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮する薬です。
性交後から服用するまでの時間が短ければ短いほどより避妊率が高くなることがわかっているので、なるべく早く服用してください。
風邪薬とちがって、時間帯や食事のタイミングなどに左右されることはありません。
服用量は1.5mg錠剤を1回1錠のみです。
先ほどノルレボは日本で承認されていると書きましたが、ジェネリック医薬品であるアイピルは日本では承認されていません。
そのため病院での処方はできず、入手するためにはインターネットを通じて海外輸入する必要があるので注意してください。
服用方法は、基本的にノレルボと同じですが医師や薬剤師からの説明はないので、説明書きはしっかりと読み服用してください。